【難消化性デキストリンとは!?】ラフェルサ緑のおいしい青汁

緑がおいしい青汁は消費者庁に認定された特定保健用食品です。

 

他の青汁と違うのはそこなんです。ブランドなので安心していただくことができます。

青汁を飲めばお通じがよくなるという話を聞きます。確かにどの青汁もお通じがよくなるのは事実みたいです。

でも、緑がおいしい青汁は、飲めば飲むほど排便回数と排便量が増えるんです。

これだけたくさんでるということは腸が元気なので体調がいいはずです。

 

どうしてこんなに便がでるのかというと難消化性デキストリンという水溶性食物繊維のおかげなんです。

 

難消化性デキストリンは消化されにくいという特徴を持っているため、大腸でも消化されずに通過します。

 

とうもろこしろ食べたとき、消化されずに便として排出されたという経験はありませんか。とうもろこしのデンプンは腸内で消化されにくいためそのまま残って排出されるんです。このように難消化性デキストリンは腸の中で生き残って糖や脂肪の吸収を抑えてくれるために健康にもいいです。

 

便のかさも増すし、腸内の悪玉菌も減っていきます。緑がおいしい青汁は難消化デキストリンが入っているので、特定保健用食品として認められています。だから、体にいいのは間違いありません。どんな人も緑の青汁を飲んで健康管理に役立ててみませんか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ